SSブログ

WS009KE & SOEKS-M1 [WS009KE]

初期状態で 2008.1.1 を示す、Willcom nine+。
4年前の製品であることがわかります。

付属のCDに入っている、PC接続用のドライバーは
VISTAどまり。ま、そうですな。
そして64bit対応なんぞしていません。そうでしょう。

何とか Windows7 64bit で使いたいなぁと朝からチャレンジ。

Unix機につないで見ると、標準のシリアルドライバでATコマンドを
受け付けていたので、専用のバイナリが必要になるとも思えず、
標準シリアルドライバか、標準モデムドライバでいけるでしょう。
USB接続ですが、これも標準のパススルーでOKでしょう。

しかしドライバの指定の仕方がよくわかりません。
inf ファイルをでっち上げてアタッチしようにもはねられます。

むむぅ...これでいいと思うんだけどなぁ。
こんなときは、大抵タイプミスなんてオチなんだよなぁ。

じーっと注意深く見てみたら......

あったぁ! バックスラッシュが消えてなくなってた orz..

直して再度チャレンジ。
おお、やったね。無事 Windows7 64bit でドライブできるようになりました。

PHSのキーでポチポチデータ入力するの大変だからねぇ。
これで楽に設定することができるようになりました。

<<今日の持ち物>>
WS009KE (Willcom nine+) と、線量計 SOEKS-M1 が、普段持つ
カバンの定番となりました。
2台並べると...なんだかそっくり (^^;

そのうち 「日本&ロシア専用」 の、線量計内蔵携帯 で
出ませんかねぇ。便利だと思うんだけどなぁ...

※ まだまだ予断を許しません。ホットスポットで線量計は
 必要だと思います。

SOEa.jpg
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 2

ナベちはる

Vista止まりのPC接続用ドライバを7(64bit)でも使うことに設定できる技術が羨ましいです!
by ナベちはる (2012-02-20 00:13) 

ぺんちゃん

:ナベちはる さん

Vista と Windows7 はほぼ同じ。問題は32bit か 64bit かというところです。
でも、モデム関係は ATコマンドでやり取りするのがほとんどなので、
ビットに関係なくシリアル接続さえ確保できてしまえば大丈夫。

今回は本質が単純だったのでできたまでです (^^)♪
by ぺんちゃん (2012-02-20 01:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0